春季走行の注意点
※地域によっては路面凍結、霜が残っている所があります
1) 早朝 バイク、車、自転車、人の飛び出しに気を付けて下さい
  まだ眠気眼でボーッとして出てきます

 危険な車
  ※マフラーから白い蒸気が出ている車
  ※窓が曇っている車
  ※ミラーが折りたたまれている車
2) 新入学、新入社の時期です。
  道に不慣れな子供達
  交通教育がされていない子供達は動きが読めません

  地方から上京してきた新入社員
  道も不慣れで土地固有の交通の流れに不慣れです
  動きがチョットおかしいな!!と思ったら、大きな目で見てあげましょう
3) 季節の変わり目は風が強い
  1日の内に風の動きはクルクル変ります。強風には特に気を付けて運転してくだ
  さい また風によって砂も舞っています裸眼での走行はとても危険です。ジェット
  ヘルの方はゴーグルをつけるかフルフェイスヘルメットでの走行をお奨めします

  午前中に晴れていても午後には雨という季節特有の不順な天気が多く発生します
  遠乗りの時はレインウエアーも用意しておきましょう
4) 気温差に気を付けましょう
  朝の気温と夜の気温の差が激しい時期です。ウエアーはちゃんとした物を選び
  身体を冷やさないようにしましょう
  まだ、冬装備でも大丈夫、暑かったら脱げば良いだけです、薄着でいくとブルブル
  震えながらの走りになるので注意散漫になり体力も失われます
5) 眠気を催す時期です
  【春眠暁を覚えず】睡眠はしっかりとって運転しましょう
  気温差で眠気がきたら1度止まってストレッチしましょう、ほんのちょっとで眠気も
  覚めます
6) シールドはなるべくクリアーシールドを使いましょう
  スモークだと今の時期 峠、街中の日陰を走ると一瞬見えなくなる時があります
  その一瞬に人や車が出てきたら事故に繋がります
  くれぐれも見落としの無いようにちゃんと見える工夫をしましょう
  当然 傷つきシールドは乱反射するので避けましょう
  シールドはいつもきれいにしておきましょう 曇り止めも忘れずに

7) グリップはどのタイヤも悪いと思って運転しましょう
  タイヤに頼った運転はとても危険です 公道ではなるべくバンクさせないように
  走りましょう
  車のウインドウに花粉、黄砂などが付着している時は、路面にもうっすらと乗って
  います、こんな所でフルバンクしたら大変です、なるべく公道は寝かさないように
  走りましょう

8) 現代病とも言える花粉症の方が増えています
  当然、集中力も散漫に成り勝ちです、症状がひどい方はなるべく運転は避けま
  しょう
  軽い方も鼻をかんだり、目をこすったりと危険な状態での運転は避けて、なるべく
  停車してから処置しましょう
カモメ〜@〜からのお願いです 
お友達にもお伝えください
そうすればひとりでも転倒事故から免れます